メニュー

ビタミンについて

[2019.03.22]

こんにちは!

最近は健康のために摂取するため色んなサプリメントがありますね。

その中でもやっぱりビタミンって外せないものではないでしょうか?

ビタミンには水溶性といって水に溶けるもの、脂溶性といって油に溶けるものの二種類があります。

ビタミンが足りなくなるとどうなるのでしょうか?

ビタミンA:夜盲症・皮膚、角膜、粘膜の乾燥や角化・易感染性

ビタミンB1:中枢神経症状・末梢神経症状(脚気)・多発性神経炎・心肥大

ビタミンB2:口角炎・口内炎・舌炎・角膜周囲充血・流涙・脂漏性皮膚炎・成長停滞

ナイアシン:ペラグラ・認知症・うつ病・下痢

ビタミンC:壊血症・骨形成不全・皮膚乾燥・成長不全・皮下出血・動脈硬化

ビタミンD:骨軟化症・骨粗鬆症・くる病・低カルシウム血症

ビタミンK:血液凝固遅延・出血傾向・新生児消化管出血、頭蓋内出血

など、こんなことが起こります。

 

でも、逆にだからと言って取り過ぎも良くないので注意が必要なんです。

取りすぎると・・・

ビタミンA:急性症状では頭痛や下痢。慢性症状では手足の痛み・皮膚の乾燥・脱毛・食欲低下・不安感・骨粗鬆症

ビタミンD:腹痛・下痢・便秘・嘔吐・食欲低下・体重減少・多飲・多尿

ビタミンK:貧血・高ビリルビン血症・新生児黄疸

ビタミンB6:感覚麻痺・筋力低下・骨痛・精子減少

ナイアシン:顔面校長・肝機能低下

など。これらもこわいですね。

 

足りないものを補うサプリも良いですがやっぱり薬食同源。

バランスよく食事をとることが欠かせないですね!

美味しくご飯を食べるための口腔環境を整えていきましょう!

IMG_1419

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME